御挨拶 - 代表取締役 吉本 隆一 -

代表取締役 吉本 隆一

 当社は平成20年4月に旧イタノ冷凍、イタノ食研の業務を引き継ぎ、新たに「株式会社マリン大王」としてスタートを切りました。

 水産物の加工、販売、中でもイカを主力とする鳴門工場を第1事業部とし、オキアミエキスを主力とする各種エキスの製造を手がける石井工場を第2事業部として、現在多角的に事業展開しております。

 近年、世界的に健康志向が高まる中、水産物需要の拡大は目覚しいものがあります。魚の価値が見直されつつある今だからこそ、食の「美味しさと健康」という人間の要求に正面から向き合い、その欲求を満たすモノ創りに挑戦していかねばなりません。

 特にバイオテクノロジーを利用した水産系天然調味料等の研究、開発に社員の技術と創造力を集結しております。魚離れが進む中、もっと水産物を活用した新製品をつくり、人々の食生活の豊かさを追求するのが当社の使命であり、今後ともたゆまぬ努力を続けて参ります。

会社概要

会社名 株式会社マリン大王
設立 平成16年8月20日
資本金 4,500万円
代表者 代表取締役社長 吉本 隆一
取引銀行 四国銀行 徳島銀行
第一事業部 鳴門工場 本社

〒772-0060
徳島県鳴門市瀬戸町明神字弐軒家33番地の2
TEL 088-686-5115 FAX 088-685-8712

従業員数:45名

事業内容:水産物加工品販売、水産物販売

第二事業部(石井工場)

〒779-3203
徳島県名西郡石井町高原字平島678番地の1
TEL 088-674-2233 FAX 088-674-2331

従業員数:25名

事業内容:魚介エキス販売及び養魚用飼料販売

会社沿革

昭和 8年
(1933)
本社所在地に製氷業として創業
昭和25年
(1950)
資本金100万円で「板野製氷株式会社」として法人成り
昭和27年
(1952)
大洋漁業㈱のアメリカ向け輸出ボイル&クックえびの下請けで水産加工業に参入
昭和46年
(1971)
社名を「イタノ冷凍株式会社」に変更
昭和47年
(1972)
4階建て冷蔵庫完成
昭和50年
(1975)
6階建て冷蔵庫・水産加工場完成冷蔵庫収容能力6,500トンとなる
昭和55年
(1980)
3回の増資を重ね資本金1億円となる
昭和57年
(1982)
トンネルフリーザー設置、いかそうめん製造開始
昭和58年
(1983)
徳島大学の指導により南極オキアミの研究に着手
平成 5年
(1993)
徳島県名西郡石井町高原字平島に「徳島工場」新築落成
平成12年
(2000)
「イタノ食研株式会社」設立(徳島工場が分社)
平成16年
(2004)
「株式会社マリン大王」設立、営業開始
平成18年
(2006)
「イタノ冷凍株式会社」「イタノ食研株式会社」の製造業務を継承し、「株式会社イタノ」設立
平成20年
(2008)
株式会社マリン大王が株式会社イタノを吸収合併
平成26年4月
(2014)
第一事業部
鳴門工場の水産加工施設リニューアル
平成27年3月
(2015)
第二事業部
石井工場の魚醤加工施設を新設

関連会社

徳島魚市場株式会社 http://www.tokushima-uoichi.co.jp/
株式会社 和幸 http://www.tokushima-uoichi.co.jp/wako/